写真の店長 中澤恵さんインタビュー

 

こんにちは。
Cafe LOSER店長の杉田です。

今日もごゆっくりどうぞ。

 

えーと、私のように自営業をしていると、やっぱり自分のやっていることを世の中に発信していかないといけないんですよね。

となると、今の時代、ホームページやブログは不可欠で、どうしてもそこに載せる「自分の写真」も必要になってくるわけですよ。
でも、写真撮られるのとかって、恥ずかしいじゃないですか。

私、写真撮られると、なんだか緊張するし、無理に笑顔を作っても、救いようのないくらい「目が死んでしまう」んです(笑)。
あ、そういえば、私の本の表紙の撮影の時なんて、全然笑顔が作れなくて、緊張をほぐすために、ビール飲んで撮影しましたっけ(笑)

ということで、私のように、「写真を撮られるのが苦手な方」って多いんじゃないかと思うんですけど、今回はそんな方にピッタリのカメラマン、「Cafe LOSER 写真の店長」中澤恵さんをご紹介したいと思います。

私は、中澤さんが、どういう想いを持って写真を撮っているか興味があったので、インタビューをさせていただきました。

 

(杉田) 中澤さんの写真って、人の表情がすごくイイ感じに写るじゃないですか。なんか独特っていうか。あれって写真を撮る時、何か意識してるんですか?

(中澤) シャッターを切るときは、無意識なところもあると思うんですけど、たぶん瞬間的にその人の人柄みたいなのを感じるんでしょうね。その人らしい表情であったりとか、そういうのを。その人が普通に友達といて、友達との関係の中で「こいつこういう表情するよね」とか、こういうとき好きだわって友達に言ってもらえるような時を残したいなって。それが、その人が人から好かれる要因だったりとかするじゃないですか。

(杉田) 「写真を撮っているというより、人を撮っている」んですね。

(中澤) そうなんです。ある方に言われたのが、「中澤さん、人となりを撮ってるんですねって。人となり写真ですね」って。 もちろん人となりも撮ってるけど、「その人の隣に絶対いてくれるカメラマンですね」って言ってもらえて、もうそれが、すっごいうれしかったんですよ。そういう意味では、撮るときに気を付けてるのは、その人を美化しないっていうのをすごく気を付けていますね。

(杉田) たしかに中澤さんの写真を見ると、「そうそう、この人は、こういう人だ!」っていう安心感があります。(以下は、中澤さんの写真です)

(中澤) そうなんですよね。 だから逆に言うと、今すごいSNS戦国時代みたいになってるじゃないですか、インスタ映えとかあるし。だからみんながタレントみたいになってるから、本当に普通の方も自分を美化した写真を見せたがる時代なんですよね。でもそれって「作ったその人でしょ!」みたいな感じ。どんなに美しくよどみなく笑っていたとしても、「その人」が出てなければ訴求力ないだろうって。きれいな写真だねで終わるよって思ってて。私が伝えたいのは、その人の良さなんですよね。人としてのにじみ出る人情であったりとか、インテリジェンスであったりとか、その人がその人生で積み重ねてきた経験値による表情みたいなものがダイレクトに伝わればいいなと思ってやってるので、そういう意味ではすごくアンチテーゼで撮ってるっていうのありますね。

(杉田) あ、中澤さんって、写真撮る前とかに、その人に会って、かなりみっちり打ち合わせするんですよね?

(中澤) 絶対します。

(杉田) あれって、すごいと思うんだけど。あそこまでやらないですよ、普通。

(中澤) やらないらしいですね。それは、あとで知ったんですよ。みんな、されてるんだと思ってて。でも最初は不安でやってたんですよね。私もそんなに、内心人見知りのほうなので。外目(そとめ)的には出ないけど。なので、そうやって、びびっちゃって、それが写真に投影されたら嫌だなっていうのがあったので、じゃあ会う前に少しだけしたほうがいいよねっていうのでスタートしたのもあったんですけど、でも話を聞くとやっぱりその人の人となりが分かる。

(杉田) 丁寧ですよね、そこ。

(中澤) そうですか。でも人となりが分からないと、今はもう撮れないっていう感じですね。急に撮ってと言われても、なんかスナップ写真みたいになっちゃって、自分では魂入ってないなっていう写真になるんですね。何だろう?ミーティングは私がその人のファンになるためにやってる感じ。

(杉田) 中澤さんはコーチでもあるから、ミーティングって、コーチングセッション風になっちゃうんですか。

(中澤) なっちゃう。

(杉田) なっちゃうんですね。じゃあ、漏れなくそれも付いちゃう?

(中澤) 付いちゃう(笑)。そう。勇気付け、めっちゃしてますね(笑)。

(杉田) でも、それがやっぱり中澤さんの写真の売りですよね。その人らしさを撮るのに、その人の内面を知るレベルまで打ち合わせするってすごいと思うんです。

(中澤) コーチングが8割で、写真は2割。おまけだと思いますよ(笑)。どっちがサービスだか分かんない(笑)。

(杉田) あ、中澤さん、写真撮られるのが得意な人ばかりじゃないと思うんですけど、何か中澤さんがそういう時、気を付けてることってありますか。私なんか、ウソつけなから、面白くないと笑えないんですよね。でも、中澤さんに、さっき写真を撮ってもらった時、「杉田さん、安定の目が死んでますね(笑)」って言われて、やっぱり笑っちゃうんですよ(笑)。やっぱりコミュニケーションがうまくないと写真て撮りづらいですよね、きっと。

(中澤) そうだと思います。それは、コミュニケーションでなんとか撮ってるみたいなところは、相当あって。

(杉田) それ、ダントツでうまいですよ、中澤さんは。

(中澤) ですか。やっぱり写真苦手な方って、意識がなんかもう全然違うほういっちゃってるんですよね。自分はきれいに撮れてるか、笑わなきゃとか、そういうことだったりとか、人目を気にしてたりとかする。あと自分のコンプレックスのほうに、めっちゃ集中しちゃってる。でもコンプレックスって、なんか語弊があるかもしれないですけど、たぶんその人ぐらいしかそんなに気にしてなくて。太ってるとか、肌が荒れてるとか。でもその状態でいつも誰かと接してるでしょ、みたいな感じなんですが(笑)。 で、それの状態で接してる会社の人とか友達とか家族は、別にあなたのこと嫌いじゃないよね?みたいな。だったらいいんじゃない?みたいな感じなんですよね。だからあえてそこで、あっ、きれいだよ、笑ってとかは全然言わない。笑ってって言われても私も笑えないんで、もう笑うのあきらめましょうみたいな感じなんですよ。

(杉田) それはいい言葉ですね。いや、セラピー的な言葉がけだわ(笑)。

(中澤) それは、それは(笑)。もういいから、みたいな。そんなきれいに撮られようとしても無理だからって。しょせん、そこら辺の一介のおばちゃんじゃないですかとか言ってて、めっちゃ毒も吐くんですよね。でもそうすると、そうだ私一介の主婦だわとか、もともと写真苦手な人だわって。だからそんな写真苦手な人が頑張ったところで笑顔出ないから、もう頑張らなくていいよ、みたいな。

(杉田) そういうコミュニケーション、うまいと思いますよ。写真を撮られるのがイヤという方でも、「中澤さんの写真ならOK」という方もいらっしゃいますもんね。

(中澤) 本当ですか。

(杉田) うん、そういうこと言われました。あ、中澤さんのお客さんって、今どんな人が多いですか。

(中澤) 基本的には、個人事業主が圧倒的に多いですね。会社経営の方とかがプロフィールとか、ホームページとか、あとは講座だったりとか、セミナー写真。で、私もそういう方たちを、すごく応援したいなっていうのはあって。逆に言うと、仕事に対する思いやコダワリのない方の写真は撮りたくないです(笑)。

(杉田) では今後こういう写真撮りたいとかありますか?

(中澤) ああ、何個かあるんですけど、一つは「写真代行」みたいなこと、やれればいいなと。例えば家族旅行とか行って、写真撮るのにパパが抜ける、ママが抜けるってあるじゃないですか。だから全員がそろってる写真で、みんなは普通に家族旅行楽しんでもらって、私は、ちょっと半日なりその都合をして、それで写真撮ってあげられたらいいなっていうのは。

(杉田) それはだいぶ贅沢で、いいサービスですね。

(中澤) そう。すごい贅沢なんですけどね。なんか結局そういう写真が10年後、20年後の子どもと親の勇気に変わるかなって。

(杉田) それ、だいぶいい企画ですよ。自分が子どものころ旅行に行ってたときに、知らない所からプロカメラマンが撮ってて写真残ってたとかいったら、だいぶスゴイ。

(中澤) そうなんですよ。自然な感じで、家族がそろっててみたいな。たぶんそういうちっちゃいときの認知っていうか、それでお母さん、お父さんに手引いてもらったとか、ソフトクリームが付いてるのを拭いてもらってたとか、そういうのってささいなことすぎてみんな忘れて。それなのに親に怒られたことばっかり、すげえ覚えていて(笑)。で、認知がゆがんで、なんか愛されてこなかったとか言うじゃないですか。で、そういう方たちが杉田さんとこへ(笑)。

(杉田) そうなんですよね(笑)。

(中澤) でも本当に、それってそうなの?って。その劇的な嫌なことで認知をゆがめるよりも、百も千も億もそそいでもらった時間の優しさに、時空を超えてでも触れてほしいなって思うんですよ。

(杉田) ですよね。その写真の企画、YOU やっちゃいなよ、それ(笑)。

(中澤) やっちゃいたいんですよね。そうそう。私、旅行好きなんで(笑)。

(杉田) ちゃんと説明書けば、すごい趣旨伝わると思いますよ。

(中澤) 本当ですか。でもそれだけは本当にやってあげたいんですよ。その人が人生を生きた証しを残してあげたいっていうのが自分のコンセプトっていうか、絶対的な使命としてあって。結局プロフとかも撮ってるんですけど、普通に素材として使うじゃないですか。それはそれで全然OKなんですけど、でも万が一でも、何でもいいですけど、彼らが10年後同じ仕事をやってるとは限らないですよね。でもそのときの写真を見てもらって、ああ、あのときチャレンジしたなって、すげえ頑張ってたなって思って、昔の自分から勇気もらってもらいたいっていうのもあるし。今うまくいってたとしたら、あのときすごい苦しかったけど頑張ってきて良かったなって、また自分のタイムラインを褒めてあげる、人生の。そういう材料にしてもらえたらいいなっていう裏コンセプトみたいなのは、すごいあります。

(杉田) んー、中澤さん、イイなぁ。あ、今日はありがとうございました!

 

写真の店長 中澤恵さんのページはコチラからどうぞ